株主優待でもらったワインで豊かな生活を楽しむカップル

株主優待でいろいろなことができたり、いろいろなものがもらえたり、割引になったりするなど、企業によって違う特典があったりします、株主優待を詳しく見ていきましょう。

融資と株主優待及び添付に関して

株を購入する際、または株主優待を受ける際には、その人の身分証明書などが必要になります。

そのため、株を購入する時の手続きとしては、身分証明書である「運転免許証」などや「パスポート」などといった本人が確認できるものの証明書を添付する必要性があります。

また株を購入するという行為については、基本的にその会社への融資という形になりますので、銀行などにお金を預ける「貯金」などや「貯蓄」などとは異なっています。
「預金」などや「貯金」などは、預けておけば必ず、定期預金なり定期貯金なり、預けたお金には利息がついて、満期になった状態の際には、全額が返ってくるものですが、株を購入する、ということは「その会社に融資を行う」という意味合いになりますので、株で儲けるどころか、逆に株でお金を損失してしまう場合もあります。

株の意味合いとしては、その会社を融資するということであり、つまり、株主になってその会社を応援したいという気持ちがあった方が、欲が出ずに株主優待なども楽しめる、とされています。

例えば、好きなパークチケットが欲しいために、株主になったとして、融資を行えば、ある一定の金額以上を融資してくださっている、またはある一定以上の株をお持ちになってくれている株主さんには、企業からお礼として支払われるものが、株主優待のもの、となります。

そのため、株というものは人気の企業のものであればあるほど、どんどんと株の値段がつりあがっていき、そこで儲けのために売却などが行われることもありますが、本来の目的としては、儲けなどというよりも、「その会社の商品、製品、企業体制などが好きだから」と言った理由で、株を購入して株主になる方が多いとされています。

このようなことから、儲けなどを考えるよりも、自分の好きな会社であり、なおかつ株主優待も魅力であるから、と言った理由で株の購入をされた方が、楽しみがある世界です。