株主優待でもらったワインで豊かな生活を楽しむカップル

株主優待でいろいろなことができたり、いろいろなものがもらえたり、割引になったりするなど、企業によって違う特典があったりします、株主優待を詳しく見ていきましょう。

株主優待でどんな物がもらえるのか

株取引に参入する個人投資家が増えた現在、株取引を利用して獲得しようとする利益の形には大きく分けて3つの種類が存在しています。1つは株価の変動による差益の獲得ですが、長期保有にある高配当金を利益の柱として考えている投資家も多く存在しています。あるいは株式会社の一部が行っている株主優待でもらえる商品を目的に株式を保有していると言う株主も増加傾向にあります。株主優待を中心に考えて株式投資を行う人には主婦等を中心とする個人投資家が多いと言われています。そのような個人投資家に魅力を感じてもらえる株主優待には実に様々な種類が存在しており、投資家の一部を楽しませてくれています。そのため、低位株でも人気のある株も多く存在します。
株主優待には様々な種類が存在していますが、最も一般的であると考えられているのは自社製品を優待商品として配布する仕組みを採用しているケースです。つまり自社製品を株式の配当とは別に準備する仕組みを採用している企業が存在しているのです。食品会社などでは新製品等を株主に対して優待商品として配布するケースが少なくありません。企業戦略を知ってもらったり、商品の宣伝を兼ねて自社製品を配布すると言う事は、その会社の商品のユーザーにとっては非常に魅力的な株主優待であるといえます。製造業のように一般の個人投資家に自社製品を配布しても喜ばれない事業を行っている場合においてはクオカードや商品券のような金券を株主優待として配布するケースもあります。配当金とは別に金券配布を行うということにより個人投資家の求めるお得感をアピールしようとするのが株主優待の考え方の1つとなっているのです。金券以外にもサービスの利用券などを提供するケースもありますし、お米などの生活必需品を配当とは別に支給する選択肢を取る株式会社も登場してきています。どの株主優待がいいか選べない人のための株主優待のおすすめがわかるサイトなどもありますので調べてみるのも良いでしょう。

株主優待で投資家を集める企業戦略

株式会社の中には決算の際に株主に対して優待商品を配布すると言う戦略を採用している企業が少なからず存在しています。基本的に株式投資を行う人は、何らかの利益を期待して資金を投資するのが一般的です。かつては大口の個人投資家や機関投資家が大半を占めていましたので配当金をしっかりと支払うことが株式会社にとって重要なテーマでした。しかしながら現代社会のように個人投資家が多く参入するようになったことを受け、幅広く株主を確保するために優待を導入する企業が増えています。
優待をもらう権利は比較的少ない株式の保有でつの権利を受けることができます。株主優待目的で株式を保有する個人投資家が増加傾向にあるのはそのためです。できるだけ多くの人に壁の人なってもらうことにより株価が安定を目指そうとするのが株式会社の考え方になってきているのです。魅力的な株主優待を定期的に行うことができると言う事は、多くの個人投資家を集めることにつながると言えます。株主の幅を広げると言う事は株式会社のメリットにもつながるためこのような戦略をとる企業が増加傾向にあるのです。
株主優待として採用されやすいのは自社製品です。食品会社などでは自社製品の中からいくつかの商品を選択して優待として配布する仕組みを採用している企業が多くなっています。配布して喜ばれるような自社製品が存在していない企業の場合にはクオカード等の金券を配布するケースもあります。あるいはレジャーなどのサービスを優待として配布するケースも増えてきています。いずれにしても株主個人がその恩恵を受けることができる魅力的な株主優待を検討する企業が増加傾向にあるといえます。最近では株主優待から株式を比較検討するという考え方も生まれてきています。

▼投資のプロフェッショナル頼る場合は評判を聞いてから相談しましょう
投資顧問のランキングをチェックしよう

株主優待と配当金の違いは何か

株主優待も配当金も、株式を持っていることで、株式そのものの価値の変動、つまり株価の上昇や下落とは無関係に得られる利益という点が共通しています。もちろん、企業の業績が悪く株価が下落している局面では、株主優待はともかく配当金は減らされることが普通ですから全くの無関係というわけではありませんが、少なくとも直接的に結びついているわけではありません。このような、持っている資産そのものの価値の変動と無関係に得られる利益のことをインカムゲインと呼びます。一方、持っている資産そのものの価値の変動による利益、つまり株式であれば株価の上昇により得られる利益のことをキャピタルゲインと呼びます。
資産の運用にあたっては、インカムゲインのことだけを考えていても、キャピタルゲインのことだけを考えていても良くありません。この資産はそもそもこの両方の利益の可能性があるのかないのか、もしあるとすればそれはどの程度が期待できるのかということを総合的に考えることが重要です。
さて、株主優待も配当金もインカムゲインであることは同じですが、その性格は大きく異なります。株主優待は、企業の業績に応じて変動するものではありません。むしろ、業績とは独立したメリットを株主に還元、提供することにより、得てして企業業績や将来性のことばかり考える投資家だけでなく、業績が良いときも悪いときも純粋にその企業を応援してくれるファンを増やそうとする意図があります。
一方で配当金は企業の業績に応じて変動します。利益が上がれば配当金は増え、利益が少なければ配当金は減らされるのが普通です。これは単純に企業に投資してくれた投資家に対する利益の分配、山分けという意味があります。